消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

研究会ACT

代 表 田窪ゆかり
新代表 荒川美枝子

★27年度活動報告

(1)会員数:8名
(2)活動方針:くらしに関わるさまざまな問題に対し調査・研究・提言することを目的として活動している。
(3)行事内容
 詳細はこちら>>研究会ACT行事内容
(4)トピックス
 平成27年度は、テーマを一新、「愛知 発見!」と題し、「自然」「歴史」「文化」「モノづくり」「グルメ」いろいろな視点から愛知を見直し、愛知の魅力を体験することにしました。折りしもこの年、愛知県は「あいち観光元年」を宣言、「発見、感動、伝えたい観光県―愛知」を目指し、戦略の一つとして「民間活力の活用」を挙げています。
日本一の抹茶の生産地である「西尾の抹茶」、歴史ある商家の佇まいを残しながら新しい風が吹き始めている「四間道・円頓寺」、愛知の誇る「国宝犬山城」、そして今なお人々の信仰を集める日本三大稲荷の一つ「豊川稲荷」。訪れた四箇所はそれぞれ他にはない魅力を持っていましたが、まだまだ観光客にとっての不便さもあり、改善点や感想を届けました。
地元愛知県に住む私たちが最も感動したこと、それはそれぞれの地をこよなく愛する、知識豊富なボランティアガイドさんの存在でした。その熱のこもった説明に、改めて深くその地の魅力を発見することができました。

★28年度活動方針

引き続き「愛知 発見!」をテーマに活動していきます。その第1弾は、「豊明花き市場」です。花栽培が一番盛んであるのは愛知県だとか。アジアで最大規模を誇るというこの卸売市場では、どのように競りが行われているのか?さらに足を延ばして「桶狭間古戦場」へ。この地は3月にTV番組の「空は歴史を見ていた」で放送されたばかり。桶狭間の戦いと天気には意外な関係があった?討ち勝った織田信長は、豪雨さえも味方につけた? 今回もボランティアガイドさんの案内で、歴史を新たな視点で巡ります。
そして第2弾以降は、愛知県が策定した「あいち観光戦略」にも注目しながら、まだまだ私たちが知らない愛知の魅力を体験していきます。

PAGETOP
Copyright © NACS中部支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.