消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

研究会ACT

代  表  砂村伊佐子
新代表 渡辺 景子

★29年度活動報告

(1)会員数:7名
(2)活動方針:暮らしに関わるさまざまな問題に対し調査・研究・提言することを目的として活動している。
(3)行事内容
 詳細はこちら>>研究会ACT行事内容
(4)トピックス
平成29年度も、「愛知 発見!」をテーマに活動してきましたが、本年度は、名古屋駅周辺の再開発の一つであるJRゲートタワービル調査を皮切りに、愛知の全国に誇れるスポットを訪れました。全国に3か所、東京に2か所、あとは名古屋しかないがん専門の研究所、日本一の輸出額の名古屋港、さらには、航空機産業を牽引する企業のMRJミュージアム見学などです。
リニア開業を見据え、再開発の進む名古屋駅周辺の高層ビル、最先端のがんの治療や予防法の開発拠点であるがん研究所、愛知のモノづくりの多くの産業が名古屋港を発展させ、飛行機産業を牽引する企業が国産ジェット機の開発へと導いており、さまざまな分野で日本を牽引している力を魅せつけられました。とても貴重な体験となりました。
ただ見学するだけでなく、①よかったところ、②気になったところ、③質問などをまとめ、ACTの声を届けました。いずれも、真摯な回答をいただきました。

★30年度活動方針

3年間活動テーマとしてきた「愛知 発見!」を終了し、本年度は暮らしの中の様々な疑問や不便、保険、介護、ボランティア活動等などからテーマを選定し、活動していきたいと思います。

PAGETOP
Copyright © NACS中部支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.