消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

AD・CS研究会

代表 稲垣 隆信

★2019年度活動報告

(1)会員数:16名
(2)活動方針:
消費者の身近な話題や疑問からテーマを選定し、顧客満足の視点から企業、行政、消費者それぞれの問題点の抽出、対策の提案をおこなってゆく。
(3)行事内容
詳細はこちら>>AD・CS研究会 行事内容
(4)トピックス
年間の取り組みテーマを、10月に仕組みが決定した「ゲノム編集食品について」に設定し、厚労省・農水省・消費者庁合同開催のゲノム編集食品に関するパブリックコメントに参画、農水省主催の勉強会への参加、自主学習等、全員で研究を進めました。
成果発表として、11月9日に開催された「名古屋市消費生活フェア2019」に「ゲノム編集食品ってなあに?」と題してブース出展しました。来場者に「ゲノム編集食品」について学んでいただきました。クイズとアンケートも実施し来場者の231名から回答をいただくことができました。
現在ゲノム編集食品は市場に出ていませんが、今後も厚労省のHP等で動向を注視していきたいと考えています。

★2020年度活動方針

消費者の身近な話題や疑問からテーマを選定し、顧客満足の視点から企業、行政、消費者それぞれの問題点の抽出、対策の提案を行っていきます。年間の主要テーマを、2020年にも話題になると考えられる「脱プラスチック社会」「GAFA等プラットフォーマ問題」「暮らしと防災」などの中から設定し取組みます。
成果発表として、9月19日「名古屋市消費生活フェア2020」へのブース出展を予定しています。

PAGETOP
Copyright © NACS中部支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.