消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

総務委員会

総務委員会は、恒常的に支部活動の円滑な運営を支援する活動を展開しています。
2018年度は、支部運営委員会を11回開催、年度末には全体会議を開催し、議案のとりまとめ、資料の準備、議事録の作成を行いました。
さらに毎月の運営委員会・分科会・研究会の活動予定と実績のとりまとめ、支部大会の計画および進行、支部会計処理の補助などの定例業務を着実に行うとともに、一昨年度より開始された、産業能率大学消費生活アドバイザー試験対策講座への対応、標準化活動への支援などにも引き続き取り組みました。
また、新たにシニアのICTリテラシー向上を目的としたICT啓発リーダー育成ワークショップの開催、宝くじ助成事業冊子作成に対しても支援を行いました。

1.運営委員会等定例業務について

広報委員会の協力で、運営委員会、全体会議の議事録を、速やかに支部HP掲載し支部活動の見える化に引き続き取り組んでいます。ぜひ支部HPの会員ページから会の動きを確認ください。また、総務メールアドレスを、支部への問い合わせ、行事参加受付窓口として活用していただくなど、支部事業担当の方々との連携・支援活動にも取り組んでいます。

2. 全体会議

3月16日(土)13:30~16:00 ウインクあいち
分科会の代表と運営委員、代議員が参加し、2018年度の支部及び分科会の活動総括、今後の支部運営について活発な意見交換を行い、新年度の活動方向性を確認しました。
本年度の意見交換では、漸減傾向にある会員数、予算という現状の元で、いかに会員にNACSの魅力を伝え、活動の活性化、満足度の向上を図るかについて活発な議論がなされました。全体会議の詳細については、支部HP 会員ページに掲載の議事録をぜひ参照ください

3.産業能率大学消費生活アドバイザー試験対策講座への対応

2018年のアドバイザー試験に向けては、3月の2回の説明会、8月は1次直前対策講座、9月は1次模擬試験、10月は論文の書き方講座、11月は2次試験対策講座と、計6回の講座が開催されました。
産能大の講座が、自宅で学習できるオンライン講座への移行傾向にあり、昨年の20講座より開催数は大幅に減少しました。
そのような中で、今年度は、意欲ある会員の講座運営への参画を得て、2次試験論文作成過程などの資料を掲示し、休憩時間には、受験経験を生かした受講者へのアドバイスを行うなど、NACSの存在感を示す対応を行えました。
その甲斐もあってか、2月に開催された合格者交流会&仲間づくりの会では、講座受講者の多くの方々と再びお会いすることができ大変うれしく思いました。
次年度は、さらに講座開催数が減少する予定とのことですが、受験支援を通じた新資格者入会促進活動の一環として本講座運営への参画を進めてゆきたいと考えています。

4.標準化人材育成事業への支援

①総務委員会では、経済産業省・一般財団法人日本規格協会との共同事業としての「消費者推進リーダー養成」の支援を行いました。
・7月14日(土)東京都渋谷区全国婦人会館にて、7支部の標準化推進リーダー29名(中部支部から5名出席)が集まり、標準化推進リーダー全国大会が開催されました。支部における標準化事業の昨年度実績と提案の発表を行い、本部より今後の進め方、2年目・3年目の到達目標を確認し共有いたしました。
・今年度は、4チームが3つのテーマを設定し調査活動のための研修会を開催しました。また、NACS7支部の活動の「見える化」に供するため、活動の進捗状況を本部へ毎月報告しました。4チームの詳細はこちら>>4チームの詳細
・12月8日(土)名古屋市伏見ライフプラザにて、星野支部長とリーダー5名が集まり其々のチームの活動報告を行い情報共有と質疑応答を行い、調査を更に進めるための具体的な方策等について話し合いました。
・1月12日(土)東京都渋谷区全国婦人会館にて標準化推進リーダー全国報告会が開催され、各支部からの報告と質疑応答、全体の課題問題点の洗い出し、今後の方向性の確認等が行われました。来年度は全国成果発表会を行うこと、学生を対象とした標準化セミナーを開催することが大綱として示されました。
標準化人材育成事業の一年目は「標準化セミナー」の開催、二年目はそれぞれの地域でテーマを決めてリーダーを中心に調査活動が展開されました。各地域のリーダーとの意見調整は遠距離のためメールに頼らざるを得なかったのですが、何とか途切れることなく事業を前に進めることができましたことに対して、関係者のみなさまに感謝いたします。
②10月27日(土)TKP札幌ビジネスセンターカンファレンスルーム5Bにて、 「もっと安全で便利な暮らしのために」をテーマに、2018年度経済産業省委託事業「標準化セミナーin Sapporo」が開催されました。中部支部はセミナー先行開催支部として、北海道支部標準化リーダーの方へ、プログラム、テーマ選定、グループワークの進め方等をお伝えし、またセミナーでは「消費者から提案する標準化とは」の演題でお話をさせて頂きました。
③12月11日(火)愛知県春日井市中部大学にて「学生交流会」が開催され、その中でNACS東日本支部の標準化を考える会の活動「子ども服のひものJIS制定に参画」を、パワーポイントを用いて紹介いたしました。

5.ICT啓発リーダ育成ワークショップ開催

NACSではシニアのICTリテラシー向上を目的とした消費者啓発事業の全国展開を企画中です。
中部支部においても、その事業の一環として、今後各地で開催されるワークショップの講師育成をめざし、ICT啓発リーダー育成ワークショップが、2019年2月2日(土)伏見ライフプラザ10F 消費者研修室にて開催されました。
当日は、本部より永沢副会長、古賀ファシリテータをお迎えし、支部からは、会員13名が出席しました。本部にて展開検討中の教材を用いたワークショップを実演いただき、その内容について活発なグループ討議を実施し、今後の事業展開、教材の改善に向けての多数の提案を行うことが出来ました。
次年度も、同様なワークショップ開催計画があるとのこと。みなさまの参画をお待ちしております

PAGETOP
Copyright © NACS中部支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.