消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

岐阜分科会

代表 山田 圭子

★29年度活動報告

(1)活動組織
分科会代表 山田 圭子、副代表 清水 美和子、会計 北川 住江
(2)活動方針
自分の住む岐阜県を知り、生活者としての消費者を考える。
(3)行事内容
詳細はこちら>>岐阜分科会行事内容

★29年度を振り返って

「岐阜を知ろう」をテーマに、活動を進めて数年が経つ。岐阜は広い、奥が深いと年々感じている。 7月に行った「男女脳差理解セミナー」は大変興味深く、役に立つものと感じた。今後もコミュニケーションスキルを高められるような講座を考えていきたい。後半は、予定調整がうまくいかず、支部行事との共催となった。

★30年度活動方針

岐阜には、和傘・和紙・提灯といった日本の文化を伝え、支える産業が多くあります。東京オリンピック開催を控え、日本文化・伝統に想いを寄せてみるのも、よいのではないでしょうか。
きっかけづくりとして昨年始めた「日本の心」を知ろう!の活動も深めていきたい。
さらに、各会員の知見を共有する活動も深めていきたい。各人の仕事で得られる見識だけでなく、趣味なども含め、幅広いテーマをみつけ、親睦を深めつつ、人生を謳歌できる活動になればと考えております。

PAGETOP
Copyright © NACS中部支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.